【海外進出支援の現場から】マレーシア ハラル認証で商機拡大 (2/3ページ)

2013.11.26 05:00

 ハラルの概念は(1)シャリアで許された食品・物品であること(2)身体に良いこと-の2点だ。この2つの概念をもとに、厳密には規格が国ごと・認証団体ごとに少しずつ異なる。だが、マレーシアは世界中に数多くあるハラル認証の中で、唯一政府組織が認証(JAKIMと呼ばれるハラル認証組織が認証)をしており、また規格が明文化されているため、他のハラル認証の基礎となっているといわれる。初めてハラル認証を取得する立場から考えれば、明文化されているため認証が取得しやすく、また将来、他国に展開する場合には他国のハラル認証取得にも役立つといわれている。

 次に、具体的な認証取得の方法はどうなっているのか。図の流れのように(1)登録申請(2)監査受け入れおよび報告書提出(3)認可および認証取得-となる。

 通常は3カ月程度で認証取得が可能で、認可は2年間有効となる。

 【焦点】

 シャリアにのっとらず、ハラル認証が得られない食品・物品はハラームといわれるが、ハラームは豚肉のみならず、例えばラードや豚皮を原料とするゼラチン・コラーゲンも対象となる。何がハラルで何がハラームか、イスラム教徒にとっても、ほとんどは線引きすることが難しいようだ。

 実際、マレーシアに進出している北欧家具小売店に併設していたハラル認証レストランで、長年にわたり、ハラームの添加物を気づかずに使用していたことが判明し、のちに社会問題となった。

 したがって、疑わしきは避けることが賢明と思われる。なお、ハラル認証取得企業が基準に違反した場合には、罰則規定がある(企業の場合は500万リンギット=約1億5800万円=以下の罰金刑)。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!