「米国は柔軟性を」 TPP日米関税協議で西村副大臣

2013.12.8 20:51

 【シンガポール=会田聡】シンガポールで開催中の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の閣僚会合に参加している西村康稔内閣府副大臣は8日夕、現地で記者団に対し、関税をめぐる2国間協議で、「米国側に柔軟性を示してもらいたい。われわれとしては譲れないところまできている」と述べた。

 西村副大臣はこの日午前、米通商代表部(USTR)のフロマン代表と約1時間にわたり会談。コメ、麦など農産品の重要5分野の関税維持を目指す日本の主張に理解を求めたとみられる。

 だが、米国側は全貿易品目の関税撤廃を求める強硬姿勢を続けているとみられ、日米両国は会合中に再協議する予定。西村副大臣は午後にはシンガポール、オーストラリアの担当閣僚らと2国間会談を開き、「センシティブ(重要)な品目があることはしっかり伝えた」という。

 12カ国の閣僚会合は引き続き、4カ国ごとの分科会で、「投資」分野などの論点を議論。閣僚らは会場内で夕食会でも協議を継続し、最終日の10日までに難航分野で「実質合意」し、年内妥結を宣言したい考えだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。