インドネシアでアルコール飲料めぐり議論 政府は地場育成方針 (2/2ページ)

2013.12.10 07:00

 これに対し、インドネシア雇用者協会は、同国の現地メーカーが製造するのはビールがほとんどだと指摘。ワインや蒸留酒を輸入に依存している現状では、政府の生産拡大方針は供給不足解消にはつながらないと主張する。むしろ外資規制を緩和した方が雇用創出と税収増にも貢献するとの立場だ。

 また、需要を牽引(けんいん)する観光客と接する立場の観光業界からも声が上がる。地場ホテルチェーン幹部が「国産ワインも入荷しているが、品質で輸入品に遠く及ばない」として外資参入を認めるべきだと話す一方、ホテル・レストラン協会幹部は政府方針を歓迎する意向を示すなど、こちらの意見はさまざまだ。

 国民の9割がイスラム教徒の同国は欧米文化に寛容な傾向があるものの、アルコール飲料の販売自体を禁止すべきだという声も根強く残る。大統領選挙を来年に控えて微妙な問題となりかねないだけに、政府は慎重な対応を迫られているといえそうだ。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。