フィリピン初のPPP方式水道事業 連携事業者を入札で決定 (1/2ページ)

2013.12.17 06:10

 フィリピン初の官民連携事業(PPP)による水道事業が動き出す。総額244億ペソ(約569億円)のプロジェクトを獲得しようと、入札を前に各企業が熱い視線を送っている。現地紙インクワイアラーなどが報じた。

 フィリピン政府はルソン島ブラカン州の24地区への上水供給事業をPPP方式で実施する方針で、マニラ首都圏上下水道供給公社(MWSS)と連携する事業者を入札で決定する予定だ。

 すでに、マニラ首都圏の西半分で上下水道事業を展開するマニラッドウオーター・サービシーズや、アラヤ・グループ傘下でマニラ首都圏の東半分で同事業を展開するマニラ・ウオーターが入札に前向きな方針を示しているほか、地場複合企業サンミゲル・コーポレーションのラモン・アン社長も入札に参加する意向を表明。落札となれば事業の多角化を目指す同社にとって、水道事業への参入は初めてとなる。

 MWSSによると、入札に関する詳細はまだ決定していないが、来年1月中旬には投資家などを招いたフォーラムを開催する予定で、2016年のアキノ政権の任期終了までに、事業対象の24地区のうち6地区での上水供給を開始したい方針だ。

ブラカン州での上水供給事業もそのうちの一つとなっている

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。