中国、メタンハイドレート試掘に初成功 広東省沿岸 2030年実用化計画策定、競争激化

2013.12.25 08:57

 【上海=河崎真澄】中国国土資源省が広東省沿岸の海域で行った調査で、次世代エネルギー資源として注目されている高純度メタンハイドレート探査に初めて成功し、2030年の実用化に向けて採掘と技術開発を進める計画を策定したことが分かった。

 中国がメタンハイドレート実用化時期を設定したのは初めてとみられ、日本などとの国際開発競争が激化しそうだ。

 中国共産党機関紙、人民日報が運営するサイト「人民網」が24日までに伝えたところでは、調査は広東省を流れる珠江の河口付近の海域で今年6~9月に実施。天然ガス換算で中国の年間消費量にあたる1千億~1500億立方メートルの可採埋蔵を確認したという。同省は今後、採掘ドリルの独自開発などを進める。

 メタンハイドレートは南シナ海、内陸の青海省でも埋蔵が見込まれているとされる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!