日銀が追加緩和でリスク資産を買うと…どうなるの? (1/3ページ)

2013.12.29 12:00

 米国の金融緩和が縮小に向かっている一方で、日本ではさらなる追加緩和が期待されています。投資家には歓迎されている追加緩和ですが、実は一歩間違えば、通貨の信認を失うことにもなりかねないのです。

 為替市場で急速に円安が進んでいます。大きな理由は2つ。1つ目は、米国経済が良好で米国の金融緩和が来春には縮小していくとの思惑から、「米国経済改善→米国債利回り上昇→米ドル買い」が加速していること。

 2つ目は、「2年で物価上昇率2%を達成するのは困難」と発言する日銀政策委員が増えたことです。日銀の黒田総裁は、2014年末までに2%達成が難しいと判断した場合は、追加金融緩和の選択肢があることを示しています。

 結果、投資家の間では来春から始まる消費税の増税に合わせて、景気腰折れの防止策に追加金融緩和を行なうとの見方が広がっています。米国の金融緩和縮小と日本の追加金融緩和のタイミングが重なる可能性もあり、そうなれば短期的に一層の円安・ドル高が進むことになりそうです。

日本円を発行する日銀のリスク資産大量保有に問題はないのでしょうか

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!