日銀が追加緩和でリスク資産を買うと…どうなるの? (2/3ページ)

2013.12.29 12:00

 では、日銀はどのような手段で追加緩和を行なうのでしょうか。長期国債の買い入れだけでなく、素早くインフレ効果を出すためにリスク資産のETF(上場投信)やREIT(不動産投信)を積極的に買い入れるでしょう。

 しかし、日本円を発行する日銀のリスク資産大量保有に問題はないのでしょうか。資本市場が下落した場合、「日銀のBS(バランスシート)毀損→日本円の信頼が揺らぐ→悪い円安」となるかもしれません。そうなると、国債下落はもちろんですが、心配なのは株価下落。理由は、国債とリスク資産とでは日銀での計上方法が異なるからです。

 日銀保有の国債は、会計規定上は時価が著しく下落しても、減損処理は原則必要ありません。金利が急上昇(国債は下落)しても、保有国債の評価損は表に出ず、リスクが表面化しにくいわけです。

リスクが表面化して通貨の信頼を揺るがす可能性が高まる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!