日本経済のプラス成長継続 エコノミストが2014年予想 (1/5ページ)

2014.1.1 09:08

 2014年の日本経済は消費税増税を受け一時減速するものの、堅調な内需や輸出の増加に支えられ、その後は回復に向かう。フジサンケイビジネスアイが15人のエコノミストに実施したアンケートからは、日本経済のこんな姿が浮かび上がる。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」で、13年は円安と株高が進行したが、引き続き景気は回復基調をたどりそうだ。

 ただ、消費税増税の悪影響が想定以上に顕在化する可能性や海外経済の失速など、景気が腰折れするリスクを指摘する声もある。

 消費増税で一時失速

 15人のエコノミストは「消費税増税前の駆け込み需要の反動を受け、年度前半の景気は大きく下振れる」(ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次チーフエコノミスト)と予測。15人全員が消費税増税直後の14年4~6月期の実質国内総生産(GDP)成長率をマイナスとみている。

 しかし、その後は「消費税引き上げに伴う税収増加相当分の補正予算を編成することもあり、景気の腰折れは避けられる」(明治安田生命の小玉祐一チーフエコノミスト)との見方が強い。

堅調な海外経済や円安を背景に「輸出の拡大が景気を下支えする」と強調

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。