本田参与、消費増税対策は「新たな補正予算も視野に」

2014.1.8 22:04

 内閣官房参与の本田悦朗静岡県立大教授は8日、国会内で講演し、4月の消費税8%への引き上げ後に懸念される景気腰折れ対策について、「夏ごろに新たな補正予算を組むことを視野に入れるべきだ」と述べた。秋の臨時国会で平成26年度補正予算案を可決、成立させる必要性を示したもので、本田氏は講演後、産経新聞の取材に安倍晋三首相に助言する考えを明らかにした。

 本田氏は講演で補正予算の狙いについて、「消費マインドを維持することが目的だ。家計に直接プラスになる予算でなければ意味がない」と指摘。規模については「増税の影響を見極めてからだ」と述べるにとどめた。

 また、「デフレ脱却のために一層の金融緩和が重要になる」とも発言。日銀法を改正し、政府がインフレ目標などを設定できる仕組みを検討する考えも示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!