“拝金主義”中国女性の婚活 「浮気な金持ちのBMWに泣いて乗るほうがまし」 (1/5ページ)

2014.1.22 12:00

 急速に少子高齢社会に向かう中国で婚活ブームが起こっている。男女に出会いのきっかけを提供するテレビ番組や、結婚相手を紹介するインターネットサイト、お見合いパーティーなどが人気を呼んでいるほか、週末の公園などでは、子供たちの釣書を持った親たちが参加するお見合い大会などが開かれている。晩婚化、非婚化の波が押し寄せている中国でも、結婚に対する焦りとあきらめが錯綜(さくそう)している。(木村成宏)

 拝金主義の男女が集う“婚活番組”

 「笑顔で貧乏人の自転車に乗るより、浮気な金持ちのBMWに泣きながら乗るほうがまし」「男性は月収が20万元(約240万円)以上ないとダメ」

 現地メディアなどによると、中国では数年前から、各地のテレビ局が次々と放送しているお見合い番組を放送している。人気の火付け役となったのが、出演女性の拝金主義的な発言などが反響を呼んだ江蘇衛星テレビの番組「非誠勿擾」(誠実でない人お断り)だ。

 2010年から放送を開始した番組では、結婚願望がある24人の女性が出演。自己紹介や一発芸を行うなどしてアピールする男性を結婚対象とするなら、テーブルの上のランプを点灯させる仕組みで、最後までランプを点灯させていた女性に男性が意思表示すれば、カップル誕生となる。

ネット上では「物質主義」「拝金主義」などの批判が続出

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。