【論風】ナチュラルアートCEO・鈴木誠 相次ぐ偽装や有害物混入 (1/3ページ)

2014.1.30 05:00

 ■日本の食は安全安心か

 これからの食のキーワードは、「安全安心」と言ったら、多くの方々は、いまさら何を言ってるんだと、思われるかもしれません。日本の食は、十分に、安全安心だと。

 大学の授業で、「日本の食は安全安心ですか?」と問いかけてみました。

 ほとんどの一般学生は、安全安心という認識でした。社会人向けの講演会でも、同様に、何度か問いかけてみました。社会人のおおむね半分は、安全安心に疑問を持っているようでした。

 例えば最近では、トランス脂肪酸に関する話題が大きく取り上げられています。身近な、マーガリン、ドーナツ、フライドポテトなどに多く含まれています。諸外国では、健康リスクがあるということで、使用量が制限されています。平均摂取量は日本が少ないとはいえ、諸外国で規制されているものが、日本では規制されていないという事例が、珍しくありません。

 日本には、大量に海外から食料や農作物が輸入されています。その中には、遺伝子組み換えの大豆やトウモロコシが、大量に含まれています。とりわけ日本国内で生産される畜産物のエサは、遺伝子組み換えトウモロコシが主です。日本では、遺伝子組み換え作物は、健康面や自然生態系などの観点から懸念ありということで、国内での栽培は禁止されています。

 ◆TPP参加に懸念

 普通に考えれば、これは矛盾した現実です。もちろん、遺伝子組み換えを100%否定したら、現実が立ち行かなくなると主張する方や利権団体が多いことも承知しています。しかし、現行のルールや運用実態が、このままで良いとは、とても思えません。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉では、関税問題ばかりが注目されていますが、食の安全安心問題も、極めて重要です。TPP次第で、日本での食品添加物認可数が、いまの約4倍にも膨らむ可能性があります。米国のプレッシャーに負けてです。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!