済州島にカジノ付きリゾート 中国人客呼び込み、17年開業目指す (2/2ページ)

2014.2.19 06:53

 一方、ゲンティン・シンガポールはシンガポールでカジノ付き統合リゾート施設「リゾート・ワールド・セントーサ」を運営している。

 09年完成の同施設は12年に年間利用者が約1600万人に達するなどアジアのカジノ付き統合リゾートの成功例として知られており、同社の親会社ゲンティン・グループ(マレーシア)はここ数年、米国や英国を含む国外進出に注力している。

 現在、韓国国内にあるカジノは17カ所。自国民が利用できるのはソウルに近い江原ランドのみで、残り16カ所が外国人専用となっている。現地紙中央日報によると、12年の国別カジノ入場者数は中国が40.7%で首位、日本が33%で2位だった。近年は中国人利用者の増加もあってカジノの外貨収入が順調に拡大。12年は約11億4000万ドルに達し、06年の約5億ドルから倍増した。(ソウル支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。