日本人が信じ込む中国経済の虚像 日本製品の存在感の大きさ (1/5ページ)

2014.3.2 07:12

 日本人が信じ込んでいる虚像

 前回、日本の経済・企業が世界に冠たる“メダリスト”であることの一端をお話ししましたが、さらに納得していただけるような例をご紹介しましょう。それには、日本を完全敵視し、日本製品を過激に排除していると思われている中国にさえも、いかに“メード・イン・ジャパン”が浸透しているかを知っていただくのが一番かと思います。

 その前にまず、日本人が信じ込んでいる虚像がどんなものかを説明します。2年ほど前、中国で大規模な反日デモによる破壊行為があり、多数の日本企業が甚大な被害を受けました。暴動の後も、ジャパンブランドの不買運動は続き、文字通り「“中華リスク”は想定外の“中禍”」などと日本のメディアは報じました。

 しかし、果たして予想外と言い切れるものでしょうか。少なくとも、筆者にすれば、元来「共産資本主義」という根本的な自己矛盾を抱えてきた中国経済であったなら、供給過剰・価格破壊・貧富格差拡大は、すでに予測されていたことが露呈したまでであり、永年続けてきた反日教育からして、内政不満のエネルギー噴出を日本企業や製品に向けることなどもすでに経験済みでした。つまり「想定内」であったはずなのです。「中国とは、こんな国なのだ」と割り切って付き合ってゆくか、はなから近寄らないかの、いずれかしか、ないのです。

「その後も報道されていないこと」に真実が隠されています

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。