担い手育成へ基金創設 JAが改革案

2014.3.7 20:32

 農協(JA)グループは7日、新規就農者や担い手育成を支援する「全国基金」の創設を柱とした改革案を発表した。グループ内で基金の規模など詳細を議論し、4月に正式決定する。政府が6月にまとめる農業強化策への反映を目指す。

 全国農業協同組合中央会(JA全中)の万歳章会長は7日の記者会見で「(農家の)所得を増大しながら、(食料)自給率を上げていくのが改革案の基本目標だ」と述べた。

 改革案は(1)担い手育成(2)販売事業の強化(3)組織改革の3本柱で構成。担い手育成は基金のほか、JA出資の農業生産法人を設立して支援する方針。焦点の組織改革では、政府の規制改革会議が問題視する金融・共済事業の肥大化や、農業に携わっていない「准組合員」の増加に明確な言及はなかった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。