中国の“怪しい理財商品”なぜ人気になったの? 「影の銀行」の問題点 (2/3ページ)

2014.4.6 07:00

 結果、預金金利がついても、実質はマイナスとなってしまうこともあるわけです。株式投資にしても、ここ数年の上海株式市場は軟調です。よい運用機会に恵まれない中国人には、怪しくても高利回りの理財商品は魅力的に見えたのでしょう。

 さらに問題なのは、この理財商品がどの程度組成されたかを中国政府および著名シンクタンクさえも正確に把握できていないのです。しかし、各種試算を見ると、シャドーバンキングの対GDP(国内総生産)比率は70

%ほどに収まっています。

 実は、この水準は国際的にも大変低い数字なのです。米国は100%弱、香港にいたっては500%強もあります。シャドーバンキングは、金融システムが発達した国では当たり前の金融取引。とはいえ、中国の場合はどこで運用されているかが不透明で、破綻リスクがどの程度であるのかが問題なのです。

ただ、実際にデフォルトとなれば、上海資本市場だけでなく…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!