サムスン、韓国経済で圧倒的存在感 主要企業グループ営業益の48%稼ぐ (1/2ページ)

2014.4.15 06:05

 韓国経済におけるサムスングループの存在感が一段と増している。地場金融情報会社エフエヌガイドの調査によると、同国の主要10企業グループの上場系列会社81社の連結営業利益は、2013年に79兆7700億ウォン(約7兆7900億円)に達し、前年の74兆2300億ウォンから7.5%増加した。

 うち、48%にあたる38兆1900億ウォンをサムスングループが占め、同社は韓国経済で圧倒的な地位を確保していることが明らかになった。現地英字紙コリア・ヘラルドなどが報じた。

 サムスングループの13年の営業利益は前年比15.4%増に伸びた。なかでも、携帯電話メーカー世界最大手のサムスン電子の営業利益は同26.6%増の36兆7900億ウォンでグループの収益を牽引(けんいん)した。

業種によって明暗が分かれた格好だ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。