【トップは語る】SBI証券社長・高村正人さん(45) (1/2ページ)

2014.4.26 05:00

 ■NISA品ぞろえ ネット証券が有利に

 --新規顧客の獲得に向けた戦略は

 「バイオ医薬品やIT(情報技術)関連企業のIPO(新規株式公開)銘柄は非常に高い値が付くことがあり、個人投資家にとって『プレミアムな金融商品』だと考えている。こういった魅力的な商品を提供するため、今後もIPOの引き受け業務を強化していく。積み立て型の投資信託など、これから投資を始める人向けの商品の充実にも注力したい」

 --給与や採用を増やす企業が増えている

 「当社は半期ごとの年俸制を導入しているが、支払い賃金は上がっている。採用はSBIグループとSBI証券の2本立てで行っているが、自前の採用を今後、相当な力を入れてやっていく。特に中途採用では多種多様な業種から受け入れており、証券会社だけでなくIT企業などの出身者も採用している」

 --少額投資非課税制度(NISA)の状況は

 「全てのNISA口座のうち、投資家が実際に資金を投じた『稼働口座』は4割程度に上昇している。当社でNISA口座を開く顧客全体のうち、新規の投資家は2割程度を占める。新規の投資家は女性と40代以下の若年層が多いのが特徴だ。『貯蓄から投資へ』という観点からみて、良い傾向だと受け止めている」

 --NISAでは大手証券や銀行も競争相手となる

 「将来的には、NISAでインターネット証券を選ばないという選択肢は少数になるのではないか。コストを抑え、品ぞろえが多いところで口座を作った方がよいという意識が少しずつ浸透してくるだろう」

 --NISAで改善すべき点は

 「NISA口座の中で資産配分を見直す『リバランス』が難しいというのは問題だ。上限額の引き上げなども必要になってくるのではないか」

                   ◇

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!