韓国地下鉄事故 ATS作動せず 地下鉄本社を捜索

2014.5.3 19:41

【韓国地下鉄事故】首都ソウルの地下鉄2号線の上往十里(ワンワンシムニ)駅で5月2日午後3時半(日本時間同)ごろ、車両同士の追突事故が起き、乗客200人以上が負傷した=2014年、韓国

【韓国地下鉄事故】首都ソウルの地下鉄2号線の上往十里(ワンワンシムニ)駅で5月2日午後3時半(日本時間同)ごろ、車両同士の追突事故が起き、乗客200人以上が負傷した=2014年、韓国【拡大】

 【ソウル=名村隆寛】2日に乗客約240人が負傷した韓国ソウルの地下鉄追突事故で、信号の異常に加え、信号に連動する自動列車停止装置(ATS)が作動せず、後続列車が運転を続けたために追突したことがわかった。ソウル市が3日明らかにした。警察当局は同日、ソウル市傘下の地下鉄公社「ソウルメトロ」の本社を家宅捜索し、運行日誌や事故当時の無線交信内容などの記録を押収した。

 ATSは本来、信号に応じて先行車両との距離を保つ。後続列車は速度を落とさずに進み、突然の「停止」表示に驚いた運転士が急ブレーキをかけたが間に合わず、時速約15キロの速度で追突した。ソウルメトロは信号関係の装置を先月末に調整したとされ、その際に異常が起きた可能性がある。追突直後、車内では避難を呼びかける放送はなく、乗客が自力で線路に脱出した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。