札幌で「ICT利用研究会」開く 岩手の24時間見守りシステム紹介 (2/2ページ)

2014.5.17 05:00

「地域づくりのツールとしてICTを利活用する」とあいさつする菅原座長=ポールスター札幌

「地域づくりのツールとしてICTを利活用する」とあいさつする菅原座長=ポールスター札幌【拡大】

 このICTを活用した先端地域として岩手県西和賀町が紹介された。人口約6400人、高齢化率は43%、一人暮らし324人。さらに高齢化が進み、増え続ける一人暮らしの高齢者(独居老人)の日常生活を24時間見守るシステム「絆-ONE」を採用、さらにヤマト運輸との連携効果を説明した。見守り対象宅に設置すると、人の動きを感知する人感センサーなど端末装置が宅内情報をクラウドシステムへ集約することで自治体高齢者福祉事業などと連携する。

 また、この装置には緊急ボタン、あいさつボタン、おつかいボタンが簡単操作できる。緊急ボタンを押すと24時間、365日専用の緊急コールセンターが対応。あいさつボタンは自治体、家庭などで活用ルールを決め、おはよう・おやすみコール、ただいまコール、薬飲みましたコールなどが携帯電話やパソコンにメールで届く。おつかいボタンは日常生活支援サービスで宅急便のコールセンターにつながり、宅配、配膳などの軽作業の依頼、手配ができる。

 システム利用料の月額約600円は息子、娘、孫などに負担してもらい、日々の安否確認などの重要な役割を担っている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!