中国に人権状況の改善求める 天安門25年を前に米国で強硬論 (1/2ページ)

2014.6.1 07:58

 【ワシントン=加納宏幸】6月4日に天安門事件から25年を迎えるのを前に、米政府や議会で中国の人権侵害への批判が強まっている。下院が中国政府に対し、拘束中の民主活動家の解放や基本的人権の尊重を求める決議を圧倒的多数で採択したのに続き、5月30日には下院の人権に関する小委員会が事件の「5人の英雄」(クリス・スミス小委員長)を招いて公聴会を開き、中国政府に人権弾圧の中止を求めた。

 スミス氏は公聴会で、女性の人身売買や当局者による拷問などの事例を挙げ、「中国は世界で最悪の人権侵害国だ」と非難した。

 これを受け、「天安門のジャンヌダルク」と呼ばれた柴玲氏ら指導的な役割を果たした5人が出席して、口々に中国を非難した。

中国の「一人っ子政策」や人工中絶の実情を訴える紫氏

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。