初の独自技術採用 中低速リニア着工

2014.6.4 05:00

 湖南省長沙市で、中国初となる独自の特許技術を使った(磁気浮上式)中低速リニアモーターカー路線の建設がこのほど始まった。2015年末には竣工(しゅんこう)し、試運転を始める計画。

 磁気の吸引力と反発力で浮上したまま走行するリニアモーターカー。中でも中低速リニアは、車輪で走る列車や高速リニアに比べて騒音が少ないうえ、建設コストや運行コストが低いといったメリットがある。排ガスを出さないため、環境にも優しい交通手段だ。

 推定約42億元(約690億円)を投じて建設される長沙リニアは、高速鉄道の長沙南駅から長沙黄花国際空港までの18.5キロを結ぶ。設計時速は100キロで、10分余りで移動が可能になる見通し。1キロ当たり2億2650万元という建設費用は、1キロ当たり5億~8億元の地下鉄や2億~3億元程度の軽量軌道交通(LRT)に比べて費用対効果が極めて高いという。

 使用される車両は、中国南車株洲電力機車が独自に開発したリニア車両「追風者」。12年初めに誕生して以来、実験線で1万3000キロに及ぶ走行試験を繰り返し、成果は世界でも最先端レベルであることが認められた。(中国新聞社)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!