チャンギ空港、使用料低減 シンガポール サービス強化で旅客獲得

2014.7.1 05:00

シンガポールのチャンギ国際空港の搭乗カウンター。同空港は旅客数増加を図るため、航空会社へのサービスを強化する(ブルームバーグ)

シンガポールのチャンギ国際空港の搭乗カウンター。同空港は旅客数増加を図るため、航空会社へのサービスを強化する(ブルームバーグ)【拡大】

 シンガポールのチャンギ国際空港は、航空会社の空港使用料の低減などで乗り入れしやすくし、旅客数の増大を図る。現地紙トゥデイなどの報道によると、7月1日から1年間、同空港に乗り入れる航空会社に対し、駐機料を50%、空港ターミナルと旅客機をつなぐ搭乗橋(ボーディングブリッジ)使用料を15%、それぞれ低減する。さらに、航空会社の搭乗手続きの効率化をサポートするほか、同空港で乗り継ぐ搭乗者数が増加した航空会社に報奨金を支払う。

 同空港を運営するチャンギ空港グループ(CAG)は今回のサービス強化策に1億シンガポールドル(約81億円)を投じる。旅客数が頭打ち状態の同空港は、コスト削減や空港業務の簡素化などの支援策を通じて航空会社の負担を軽くするとともに、空港機能を強化して旅客数の増加につなげたい考えだ。

 同空港は2009年以降、旅客数が増加し、13年は約5370万人で過去最高を更新した。しかし、今年2月は前年同月比0.2%減、3月は同2.5%減にとどまった。自国通貨の為替高に加え、タイの政治混乱やマレーシア航空機の墜落事故などが影響しているとみられる。

 CAGは旅客数増加に向け、航空会社へのコスト軽減策に加え、政府観光局と連携してシンガポールを訪れる旅行者が多いオーストラリアや中国などからの観光客誘致にも積極的に取り組む。今後、アジアの航空需要が拡大し、近隣諸国の空港との競争も激しくなるなか、アジアの拠点空港としての地位確保に注力する。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!