IPO市場好調、上期上場26社 7年ぶり高水準、本格回復に期待 (1/2ページ)

2014.7.5 07:04

 新規株式公開(IPO)市場の好調が続いている。上期(1~6月)に上場した企業は26社と、同期として7年ぶりの高水準となった。

 今年はすでに西武ホールディングス(HD)やジャパンディスプレイといった大型上場が相次いだほか、ロボット開発のベンチャーや外国企業など、注目企業も東京証券取引所への上場を果たした。下期にはリクルートHDなど有力企業の上場も取り沙汰されるなど、証券業界はIPO市場の本格回復に期待を寄せている。

 東証によると、上期にIPOを実施した企業数は、前年同期の21社を上回る26社だった。通年では「70社を超える」(SMBC日興証券の永末昌克執行役員)とみられる。昨年の58社を上回り、7年ぶりの高水準になる可能性が高い。

IPOの件数をめぐっては

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。