ソフトバンクは“瞬間蒸発” 個人向け社債人気 元本割れリスク少なく、貯金よりも高い利率 (1/2ページ)

2014.7.13 15:45

 個人向け社債の発行に踏み切る企業が増えている。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」による景気回復などを背景に企業の資金調達の需要は高まっており、ソフトバンクや楽天、東芝などの有力企業が相次いで社債発行に踏み切っている。個人向け社債は国債などよりも金利が高く、個人投資家の人気を集めている。

 ソフトバンクは、昨年6月と今年5月に、それぞれ4千億と3千億円の個人向け社債を発行した。社債の一部を販売したSBI証券によると「インターネットで販売した分は、2回とも売り出しから数分以内に完売して“瞬間蒸発”した」という。

 個人向け社債には、国債などよりも相対的に利率が高く、企業が債務不履行に陥らない限りは、株式などよりも元本割れのリスクが低いという利点がある。一方、発行する企業側にとっても、M&A(企業の合併・買収)などで資金需要が高まる中、資金調達手段の多様化が図れるメリットがある。

 調査会社のアイ・エヌ情報センターによると、平成25年度の個人向け社債の発行残高は過去最高水準の4兆5991億円に上った。

 東芝は2日、個人投資家向け社債を300億円発行すると発表。楽天は6月、同社初の社債として、個人向けに200億円分を発行した。

個人投資家を呼び込もうと社債に賞品をつける企業も

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。