リニア中央新幹線、今秋着工“お墨付き” 国交相、計画抜本見直し求めず (1/2ページ)

2014.7.19 06:24

実験線を試験走行する新型リニア=山梨リニア実験センター(植村光貴撮影)

実験線を試験走行する新型リニア=山梨リニア実験センター(植村光貴撮影)【拡大】

  • リニア中央新幹線の環境影響評価に対する意見書をまとめ、記者会見する太田国交相=18日、国交省

 太田昭宏国土交通相は18日、JR東海が2027年に東京(品川)-名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線の環境影響評価(アセスメント)に対する意見書を同社に伝えた。

 「事業の実施に当たっては、環境保全に十分な配慮が必要」とし、トンネルなどの掘削で発生する多量の残土の有効利用など8項目の措置を要請した。計画の抜本的見直しは求めておらず、同社が目指す今秋の着工に事実上、お墨付きを与えた形だ。

 JR東海は4月に品川-名古屋間の環境影響評価書をまとめ、6月には石原伸晃環境相が「事業規模の大きさから相当な環境負荷が生じる」とした意見書を太田国交相に提出。同社は今回の太田国交相の意見書を踏まえて評価書を補正するなどした上で、今後は工事実施計画を国交省に申請し、認可が得られれば今秋に着工する見通しだ。

 JR東海は18日、「いただいた意見一つ一つについてしっかりと検討を行い、その上でできる限り早く最終的な評価書に仕上げていきたい」とコメントした。

「JR東海が意見書の措置を適切に講じるよう指導したい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。