外国人にとってちっとも楽にならない国際化 成果上がらぬ日本の「国際値」 (1/3ページ)

2014.7.27 06:00

 企業であろうと教育機関であろうと、「我々は国際化をしないといけない」とどこでも口を揃えて語る。 

 この1か月間の日本滞在中、至るところでこのセリフを聞いた。それは国際化したほうが良いだろう。閉鎖的なより開放されていた方がいい。

 ただ、ここでいう国際化には色々な思惑があるが、一つには、いわば「国際値」なるものの上昇を目指しているようだ。端的にいえば、外国の人と怖気づかずに仕事ができるようになりたい、というのが「国際値の上昇」だろう。

 それでは何をするのか。教育機関なら海外の提携校と交換留学生を増やしたい。しかし、海外での学生受け入れ先に日本に留学したい学生が沢山いる、というわけでもない。しかも日本側に英語の授業がないことも多い。双方の数字のバランスがとれないとシステムが成立しない。だから片思いになる。

 企業も自らの国際値をあげて何とか海外市場に商品を売りたい。

 政府の外国人観光客の誘致政策をチャンスとみた会社で、日本に観光で滞在する外国人が使うスマホのアプリを開発している。これを世界標準にしたい、と説明に熱が入る。そのためにも日本の企業や自治体に営業をかけているようだ。

 ぼくは、これは営業の方向が違うのではないか?と思った。日本に来る人たちが多い国でアプリを標準にすることが、最初の目標にならないとおかしい。短期滞在のために、初めてのアプリを使う人がそんなにいるはずがない。

外国人にとってちっとも楽にならない国際化だ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。