消費増税の反動減、薄れる 街角実感3カ月連続上昇

2014.8.8 21:16

景気に対する街角の声

景気に対する街角の声【拡大】

 来年10月に予定される消費税率再引き上げの行方を占う最初の指標が8日、公表された。内閣府の7月の景気ウオッチャー調査によれば、街角の景気実感を示す現状判断指数は前月比3・6ポイント上昇の51・3と3カ月連続で上昇。今年4月の消費税増税の影響は和らぎ始めたとの受け止めが主因だ。ただ、景気の先行き判断指数は6月調査よりも悪化。安倍晋三首相は7~9月の景気を踏まえ消費税率を10%に上げるかを12月に決めるが、難しい政治判断になりそうだ。

 現状判断指数が横ばいを示す50を超えたのは消費税増税前の3月以来4カ月ぶりで、調査対象となる全国11地域すべてで上昇した。

 内閣府は基調判断について前月の「緩やかな回復基調が続いており、駆け込み需要の反動減の影響も薄れつつある」に据え置いた。

 足元の景気に対する見方が改善しているのは、小売業を中心に消費税増税後の消費の落ち込みに持ち直しの動きが見られつつあるため。調査では「アクセサリーなど装飾品も順調に回復し、増税の影響はほぼなくなっている」(近畿の百貨店)、「冷蔵庫、洗濯機など生活必需品やテレビが前年並みに戻っている」(東北の家電量販店)とする前向きな意見が並んだ。明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミストは「消費税増税の駆け込み需要の反動減の影響が和らいだことを示す結果」とみる。

 消費税再増税の行方を左右する7~9月期の景気動向。今回の景気ウオッチャー調査で7月の景況感に改善傾向が示されたことは、首相が予定通りの再増税を決断する際の一つのポイントにはなる。

 ただ、景気の先行きには慎重論も根強い。今回の景気ウオッチャー調査では2~3カ月先の景気見通しを示す先行き判断指数が前月比1・8ポイント減の51・5で2カ月連続で低下。しかも11地域中10地域で悪化している。燃料や食品の値上がりで消費が落ち込み、景気に影響が及ぶとの懸念を反映したのが主因と見られている。実際、調査でも「食品の価格高騰から値上げ実施を余儀なくされており、売り上げへの悪影響が懸念される」(北陸のコンビニ)との不安が聞かれている。

 政府は総額5・5兆円の補正予算の効果で夏場から景気が上向くと予想するが、今回の調査では、先行きに関する楽観論と悲観論が交錯している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。