黒田総裁、物価上昇2%達成なお強気 日銀内には疑問の声も (1/2ページ)

2014.8.8 21:58

記者会見する日銀の黒田総裁=8日午後、日銀本店

記者会見する日銀の黒田総裁=8日午後、日銀本店【拡大】

 「平成27年度に物価上昇率2%」の目標を掲げている黒田東彦日銀総裁に対し、民間エコノミストだけでなく、日銀内からも疑問視する声が出始めた。黒田氏は、こうした内外の「異論」に打ち勝てるのか、まもなく正念場を迎える。

 「今年度後半から物価が再び上昇し、2%に達する見通しに変わりはない」

 8日の金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁は従来通り強気だった。

 日本経済全体の需要と供給力の差を示す「需給ギャップ」が今年1~3月期にプラスとなり、約6年ぶりに需要が供給を上回る需要超過になったことに触れ、いったん1%台前半に落ち込んだ物価が再び上向くと自信を深める。

 だが、政策決定会合に参加する政策委員会メンバーの木内登英審議委員は7月31日の記者会見で、「2%の目標は日本経済の実力をかなり上回っている。個人的には1%か1%前後が望ましい水準」と持論を展開した。

 実際、最近の経済指標は弱含んでいる。財務省が8日発表した今年上期(1~6月)の国際収支速報によると、モノやサービスなど海外との総合的な取引状況を示す経常収支は上期初の赤字を記録した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。