東京株、午前終値は11円高 ゼネコン大手4社また年初来高値

2014.8.18 11:51

 18日の東京株式市場は小幅続伸している。日経平均株価の午前終値は、前週末比11円22銭高の1万5329円56銭。

 序盤に47円高の1万5365円まで上昇した後、14円安の1万5303円まで値を下げたが、すぐに高値圏を回復した。

 東証1部銘柄のうち64%にあたる1167が値上がり。中外製薬と日本エンタープライズが一時ストップ高まで値上がり。鹿島、清水建設などゼネコン大手4社がまた年初来高値をつけた。

 東証株価指数(TOPIX)の午前終値は、前週末比0.73ポイント高の1271.41。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。