無料「Wi-Fi」の認証簡略化 総務省と観光庁、15年度に実証実験

2014.8.30 05:00

 総務省と観光庁は29日、無料で使える公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」の認証簡略化に向けた実証実験を2015年度に実施する方針を明らかにした。20年の東京五輪に向けて増加が見込まれる訪日外国人に、世界最高水準の通信環境を整える。一度認証を受けたスマートフォン(高機能携帯電話)であれば、どこに移動しても自動的に接続できる環境を目指す。

 両省庁が同日立ち上げた「無料公衆無線LAN整備促進協議会」(議長・無線LANビジネス推進連絡会の小林忠男会長)の中で実証実験の計画を示した。15年度概算要求で2億5000万円を要望している。

 協議会には関連事業者や自治体など、約1000団体が参加する見通し。(1)利用エリアの拡大(2)利用できる場所の周知(3)利用手続きの簡略化-の3つのテーマごとにプロジェクトチームに分かれ、検討を進める。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。