危機アルゼンチンに恩を売る中国 したたか支援の“本音”は? (1/5ページ)

2014.8.31 07:02

 アルゼンチンのデフォルト(債務不履行)問題に乗じ、中国が活発な支援外交を展開している。国際市場から事実上締め出されたアルゼンチンに対し、ダム建設などで巨額融資を表明。中国主導で設立する開発銀行を通じた援助への憶測も浮上する。背景には、米国と中南米の間にくさびを打ち、影響力を強めるしたたかな戦略がありそうだ。

 干天の慈雨

 アルゼンチンの債務返済問題をめぐる米ヘッジファンドとの交渉が暗礁に乗り上げ、デフォルトが秒読み段階となっていた7月18日。ブエノスアイレスの政府施設で、アルゼンチンのフェルナンデス大統領と笑顔で握手する中国の習近平国家主席の姿があった。

 中南米歴訪でアルゼンチンに立ち寄った習主席は、総額75億ドルを融資すると表明し、フェルナンデス大統領との協定に調印した。南部パタゴニアでの水力発電用ダムの建設費用のほか、長期にわたって遅延している鉄道設備の購入資金を融通する。

 両国は3年間で総額110億ドル規模の通貨スワップ協定にも調印した。これにより、アルゼンチンは輸入品の代金を人民元で支払うことができる。

資金繰りは困難を極めることが予想され、中国の申し出はまさに「干天の慈雨」といったところだ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。