タイ中小製品販売 アリババが支援へ

2014.9.2 05:00

 中国の電子商取引(EC)大手、阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング)と、傘下のオンライン決済会社、支付宝(アリペイ)はこのほど、タイの金融大手カシコン銀行と協定を結び、今後、協力してタイ中小企業の製品の中国EC市場進出をサポートしていくことになった。

 アナリストによると、中国の人々が好むタイの果物や美食、手工芸品から観光ツアーまで、近い将来、直接アリババのECプラットホームから販売されるようになり、中国や世界市場に進出できることになるという。

 協定では、タイの企業はカシコン銀行を通じて、アリババの認証会員や上級会員になることを申請。認められると、ネット上で商品を販売できるほか、オンラインでの無料マーケティング訓練も受けられる。

 カシコン銀行は、同行の決済システムと支付宝のネットワークを接続するとしており、支付宝はカシコン銀行の顧客企業に決済や保証のサービスを提供。アリババのサイトに登録した企業は、オンラインで国際間の代金受け取りを行えるという。

 カシコン銀行のバントゥーン・ラムサム最高経営責任者(CEO)は「タイには中小企業が200万社あるが、輸出を実現しているのは4万社だけだ」とした上で、「(今回の提携は)中国のECプラットホームを使って、より多くのタイの中小企業が、世界各国240余りの地域の潜在的消費者へ製品を販売するのを支援するためだ。50万社のタイ中小企業が参加する見込みだ」と語った。(中国商報=中国新聞社)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。