TPP日米閣僚協議 甘利氏、決着「見通しないわけではない」 (1/2ページ)

2014.9.24 18:28

日米TPP閣僚協議の初日終了後、記者団の質問に答える甘利明TPP相=23日、ワシントン(共同)

日米TPP閣僚協議の初日終了後、記者団の質問に答える甘利明TPP相=23日、ワシントン(共同)【拡大】

 【ワシントン=加納宏幸】環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉をめぐり、日米の閣僚協議が23日午後(日本時間24日)、米ワシントンで始まった。24日まで2日間の日程で、牛・豚肉など日本の重要農産品の関税の扱いについて着地点を探る。初日の協議終了後、甘利明TPP担当相は記者団に対し、決着に向けて「全く見通しがないというわけでもない」と意欲を示した。

 4時間にわたった初日の協議で、甘利氏はフロマン米通商代表部(USTR)代表に対し、牛・豚肉の関税の引き下げ幅や輸入急増時に関税を引き上げる緊急輸入制限(セーフガード)の導入条件などで譲歩を求めたとみられる。

 甘利氏は記者団に「お互いに譲れない一線がどこにあるかが絞られてきた」と述べた。

 USTRは声明で、初日の協議では「未解決の問題をめぐるそれぞれの立場を共有した」とし、「双方の隔たりを特定し、TPPを終結させるため作業を続ける」と説明した。

 今回の協議では農産品に加え、日本の自動車市場開放も焦点で、日米両政府は23日の閣僚協議終了後も事務レベルで協議を続けた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。