【専欄】日本製品が中国で愛されるワケ 外国かぶれとは次元が違う (1/3ページ)

2014.9.25 11:00

ノンフィクション作家・青樹明子

 友人の宋さんが日本製品を使い始めたのは、およそ30年前からだという。以来彼女は日本製品の愛用者である。

 「カメラ、テレビ、音響機器、洗濯機…、全て日本製を使ってますね。中国製も試してみたけど、質の点で日本製に追いつかない。テレビ一つとっても、映像の鮮明さなど、どうしても劣ります。そうそう、日本製のテレビは、消すときの音がカシャッというでしょ。あれがとても気持ちがいい。中国製は雑音にしか聞こえない」

 日本製を愛用することは、外国かぶれとは次元が違う問題だと宋さんは言う。中国人の一般大衆が「生活の質」を追求できるようになった結果である。

 日本製品の魅力は、品質の良さとアフターサービスの充実だというのは、元テレビ局プロデューサーの章弘さんである。

「値段は高くても正規の領収書があれば、どこでも修理してくれる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。