【臨時国会】議員定数削減「与党がリーダーシップを」と首相 消費増税議論を念頭

2014.9.30 18:45

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が30日、衆院本会議で始まった。首相は国会議員の定数削減について「議会政治の根幹に関わる重要な課題だ。与党がリーダーシップを発揮して各党と議論を行い、早期に結論を得ることが大切だ」と述べた。

 定数削減について、民主党の海江田万里代表は「(平成24年の衆院解散直前に行った)当時の野田佳彦首相との約束の履行が遅れている」と追及、維新の党の江田憲司共同代表は「さらなる(消費税)増税を検討しているのならば、はっきり国民に約束すべきだ」と迫った。首相は、消費税率10%への引き上げの是非を年内に判断するのを踏まえ、与党に対し速やかに成果を出すよう促した格好だ。

 御(おん)嶽(たけ)山(さん)の噴火に関しては「警察、消防、自衛隊による懸命の救助活動が行われているが、いまだ連絡の取れない方がいる。政府一体となって、引き続き全力で取り組んでいく」と述べた。また、8月に発生した広島市の土砂災害も念頭に「国民の生命と財産を守るため、必要な法整備を含めて防災対策に全力で取り組む」と表明した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。