10月から免税対象拡大 中国から訪日客急増も… 円安元高が追い風に (1/2ページ)

2014.9.30 06:00

 訪日外国人向けの消費税の免税制度が10月1日から大きく変わる。これまで対象外だった飲料品や化粧品なども免税され、なかでも円安元高の恩恵も受ける中国からは大量の訪日客が見込まれている。

 中国では、10月1日から建国記念日にあたる「国慶節」の大型連休が始まり、日本を訪れる観光客が大幅に増える見通しだ。円安の進行で、為替レートだけで昨年秋に比べ約20%も日本での買い物が割安になったところに、免税措置が改正され、中国人の訪日客にとっては、大きなメリットがあるからだ。

 昨年秋には人民元が1元=15円前後だったが、円安と元高で現在は同18円に近づいている。この為替レートの変化だけで、昨年秋に比べ約20%も日本での買い物が割安になった。さらに、中国国内では消費税に相当する内税が10~30%と高率のため、これらを合わせると、「上海からみて日本はおよそ半値の“買い物天国”と映り、7日までの(国慶節の)連休中に旅行客は昨年比で2倍近く増える」(上海の旅行会社)との見通しだ。

 富裕層や中間所得層が管轄エリア内に多い上海の日本総領事館では、訪日ビザの発給数が過去最高水準で推移しており、今年1~8月で56万4千件(団体を含む)と、前年同期比で約2.5倍に急増。中国全体の訪日数は通年で、昨年に比べ約1.3倍の200万人を突破する勢いだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。