下村文科相「統合型リゾートに歌舞伎場を」 収入の数%を文化予算に (1/2ページ)

2014.10.7 05:00

 カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)推進法案の審議入りに向けた調整が本格化してきた。超党派の国際観光産業振興議員連盟(会長・細田博之自民党幹事長代行)顧問を務める下村博文文部科学相に、IR実現への課題を聞いた。

 --政府は今国会でIR推進法案成立を目指すが、慎重な意見も少なくない

 「10年以上議論してきたが、いよいよだ。(2010年に開業した)シンガポールのIRを5月に視察してきたが、同国でも反対が強く侃々諤々(かんかんがくがく)の議論の末に決まった。開業後の状況を見てきたが、政府関係者からは『危惧する意見はなくなった』と聞いた。懸念材料はたくさんあるが、シンガポールは社会問題を克服した」

 --日本のIRはシンガポールがモデルになるといわれる

 「自国民に約1万円の入場料を課しており、IDカードで依存症や生活保護者の入場を防いでいる。非合法組織の侵入も防いでいる。成功事例を(日本にも)導入して“日本型IR”を作らねばならない」

市川団十郎さんと対談した際に、『IRにぜひ歌舞伎場を作ってほしい』と訴えられた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。