社会保障、制度維持困難の恐れも 「高齢化だけで年3.1%増」財政審試算 (1/2ページ)

2014.10.9 05:00

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関、会長・吉川洋東大院教授)は8日、財政制度分科会を開き、75歳以上の後期高齢者医療と介護の給付費は高齢化に伴う分だけで毎年3.1%ずつ増えるとの試算を示した上で、このままでは現役世代だけで社会保障費を賄えず、制度の維持が困難になる恐れがあると指摘した。

 また、2015年度の介護報酬改定について本体部分の報酬を最低でも6%程度引き下げるよう求めた。

 75歳以上の後期高齢者医療と介護の給付費は12年度に21兆5000億円だったが、団塊世代が75歳以上になる25年度には24兆円増の45兆5000億円に膨らむ見通し。

 75歳以上の人口は24年の1519万人から25年には2179万人に膨らむとみられ、試算によると給付費の増加分のうち高齢化に伴う支出は毎年3.1%ずつ増える。

制度の維持には歳出面などで抜本的な改革が不可欠

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。