特区諮問会議 「地域限定保育士」を創設 規制緩和メニュー提示

2014.10.11 05:00

国家戦略特区諮問会議であいさつする安倍晋三首相=10日午前、首相官邸

国家戦略特区諮問会議であいさつする安倍晋三首相=10日午前、首相官邸【拡大】

 政府は10日、国家戦略特区諮問会議を開き、地域を絞って規制を緩和する6カ所の国家戦略特区で新たに行うことを可能とする規制緩和のメニューを示した。通常年1回の保育士試験と別に試験を行い、その合格者が特区内の都道府県限定で3年程度保育士として勤務できる「地域限定保育士」(仮称)の創設など、14項目を提示した。追加規制緩和策を盛り込んだ改正国家戦略特区法案を、今臨時国会に提出する方針。

 会議では、規制緩和のメニューを(1)ビジネス環境のグローバル化(2)公的インフラの民間開放(3)持続可能な社会保障制度の構築(4)新たな地方創生モデルの構築-の4分野に分けて示した。社会保障分野の政策として盛り込まれた「地域限定保育士」の創設は、保育士不足を解消し、待機児童を減らす狙いがある。まず東京圏の特区である神奈川県で先行的に導入し、他の特区での普及も検討する。

 安倍晋三首相は「やる気のある自治体や民間企業のニーズをくみ取ったメニューで、新たな産業や雇用が創出される」と強調した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。