「株価下落、日本はあおり受けている」と甘利氏 国内の堅調さを強調

2014.10.14 10:50

 甘利明経済再生担当相は14日の閣議後会見で、東京市場で株価が一時約2カ月ぶりに1万5千円を割り込むなど、日米を中心に株価が値下がり傾向にあることについて、「世界経済見通しが下方修正されているのが一番大きく、米国の量的緩和縮小も世界から資金が引き揚げられるということで、世界経済に不確実性が広がって、日本経済はこのあおりを受けている」と指摘した。

 足元の日本経済については、「個人消費は弱含みはありますが、企業収益は過去最高で、雇用情勢の改善は堅調、設備投資意欲も旺盛。個々の要素はいい」と強調した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。