公明 「カジノ(IR)法案には慎重な考え多い」と自民に伝達

2014.10.15 11:12

 公明党の井上義久幹事長は15日午前、自民党の谷垣禎一幹事長と都内で会談し、カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)の整備推進法案について「党内には慎重な意見が多い」と伝え、意見集約に時間がかかるとの見通しを示した。同法案をめぐっては、ギャンブル依存症患者の増加や治安悪化などの懸念から、与野党に慎重論が根強い。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。