「新しい時代にふさわしい憲法に」首相憲法改正の必要性強調

2014.10.18 15:36

 安倍晋三首相は18日放送のラジオ日本番組で、憲法改正について「現行憲法は占領軍の影響下で原案が作成された。新しい時代にふさわしい憲法に変えていくべきだ」と述べ、改正に改めて意欲を示した。

 改正にあたっては「21世紀にふさわしいものにする必要がある。環境保全や犯罪被害者への配慮など新しい人権に関する規定を加えるべきだという意見もある」と述べたほか、「私たちの国の憲法だから、私たち自身の手で作っていこうという精神こそが時代を切り開いていくと信じている」と訴えた。番組は6日に収録された。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。