小渕経産相辞意固める 首相に近く辞表提出

2014.10.18 21:00

厳しい表情で経産省を出る小渕経産相=18日午後

厳しい表情で経産省を出る小渕経産相=18日午後【拡大】

  • 経済産業省を後にする小渕優子経産相(中央)=18日午後(三尾郁恵撮影)
  • 経済産業省を後にする小渕経産相(中央)=18日午後(三尾郁恵撮影)
  • 関連政治団体の観劇会費用問題で記者に囲まれ、しっかり調査すると話す小渕経産相=18日午後、経産省
  • 香港・九竜地区のモンコックで、警棒を手にデモ隊と向き合う警官隊=18日未明(共同)

 小渕優子経済産業相は18日、自らが関係する政治団体で支持者向けに行った観劇会の収支が食い違っている問題などの責任を取り、辞任する意向を固めた。政治団体の収支を自ら調査した上で、安倍晋三首相に辞表を提出する。任期途中の辞任となれば、平成24年12月に発足した第2次安倍政権では初めて。9月の内閣改造からわずか1カ月半での辞任劇となる。

 小渕氏は18日午後、経済産業省に入り、記者団に対し「今やらなければならないことは、政治資金に関する問題のために、しっかり調査をすることだ」と述べた。進退については明言しなかった。

 小渕氏はこの日、三菱重工業の小牧南工場(愛知県豊山町)で開かれた三菱航空機の国産初の小型ジェット旅客機の機体完成記念式典に出席する予定だったが、「現地での混乱を避けるため」(経産省)として急遽(きゅうきょ)取りやめた。

 小渕氏の政治資金をめぐり、同氏の後援会など2つの政治団体が22、23年分の政治資金収支報告書で、支持者向けの観劇会の収入を計742万円、支出を計3384万円とそれぞれ記載、収支で2642万円の差額が生じていた。支持者への格安の観劇なら、公職選挙法が禁じる有権者への利益供与に抵触する可能性がある。

 観劇会は24年も開かれたが、収支報告書に記載されていなかった。政治資金管理団体が事務所費でベビー服などを「贈答品」として購入していたことも分かっている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。