「第3のビール」増税のピンチ直面 “狙い撃ち”に反発必至 (1/5ページ)

2014.10.20 06:45

ビール類の酒税額と市場推移

ビール類の酒税額と市場推移【拡大】

 ビール類飲料の中で最も価格が安い「第3のビール」が増税のピンチに直面している。節約志向の高まりを背景に市場の拡大が続いており、政府が増税でガッチリ税収を確保することを目的に検討の俎上(そじょう)に載せたためだ。ただ、消費税増税で負担が増す中、晩酌の強い味方を“狙い撃ち”にした増税に反発の声が広がるのは必至。年末の与党の税制改正論議に向け議論紛糾は避けられそうにない。

 49円めぐる攻防

 「消費税増税後、ただでさえ妻から飲む本数を減らされたというのに…」

 第3のビールで毎晩、晩酌する東京都杉並区の自営業男性(72)は、第3のビールが増税の検討俎上に挙がっていることにショックを隠さない。

 今年4月の消費税増税後、今まで500ミリリットル缶2本まで許されていた飲む本数を、1本に減らされた。

 仮に今後の酒税法改正で第3のビールが増税されれば、「家計防衛のため350ミリリットル缶1本まで量を減らされてしまうかもしれない」と不安がる。

だが、増税の足音は確実に大きくなっている…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。