女性2閣僚辞任で安倍首相「経済最優先で政策を前に」「政治の停滞あってはならない」 

2014.10.20 19:52

後任人事について質問に答える安倍晋三首相=20日午後、首相官邸(蔵賢斗撮影)

後任人事について質問に答える安倍晋三首相=20日午後、首相官邸(蔵賢斗撮影)【拡大】

 安倍晋三首相は20日夜、官邸で記者団に対し、経済産業相と法相にそれぞれ自民党の宮沢洋一政調会長代理と上川陽子元少子化担当相を選任したことについて「経済最優先で政策を前に進めていかなければならない」と述べた。首相の発言の詳細は以下の通り。

 --新しい大臣の選任理由は

 「宮沢洋一さんは、参議院の政審会長も務めたまさに政策通です。また、党の税制調査会の要でもあった人で、党において税務のプロと呼ばれていました。こうした経験や知識を生かして、成長戦略をしっかりとしていただきたい。成長重視の税制を含めて成長戦略をしっかりと進めていただきたいと期待しております」

 「また、上川陽子さんは、第1次安倍政権においても大臣を務めていただいた。また、上川さんは党にあって議員立法で犯罪被害者基本法をとりまとめて、成立させる、そうした経験、知識も持っています。そうした経験、知識を生かしながら、国際感覚も豊富ですから、法務大臣をしっかり務めていただけると確信しています」

 --選任まで1日というスピード決着の理由は

 

 「難問が山積しています。経済最優先で政策を前に進めていかなければなりません。そういう時期においては、行政、政治に遅滞があってはならないとの観点から、後任の選任を急いで決定したところです」

 --いつ決めたのか

 「今日辞表が提出されてからであります」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。