【拉致再調査】拉致啓発ポスター刷新、着物姿の横田めぐみさんの写真を使用

2014.11.14 12:22

拉致問題を啓発するポスター。昭和52年1月に新潟市の自宅前で撮影された横田めぐみさんの写真が使われた

拉致問題を啓発するポスター。昭和52年1月に新潟市の自宅前で撮影された横田めぐみさんの写真が使われた【拡大】

 山谷えり子拉致問題担当相は14日、閣議後の記者会見で、拉致被害者の早期救出を呼びかける啓発ポスターを刷新すると発表した。約35万枚を作製し全国の公共機関などで掲示する。

 新しいポスターは拉致被害者、横田めぐみさん(50)=拉致当時(13)=の着物姿の写真を使用し、母の早紀江さん(78)が直筆で「めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる。めぐみがいなくなって長い年月が経ちました。同じように助けを求めている拉致被害者がたくさんいるのです」とメッセージを添えた。写真は昭和52年1月に新潟市の自宅前で父の滋さん(82)が撮影した。めぐみさんはこの年の11月に拉致され、15日で37年となる。

 山谷氏は「早く取り戻さなければならないと思っている。家族が高齢化するなか、切迫感を持って解決に取り組む」と語った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。