ファクタリング業 13年取引額15%増

2014.11.19 05:00

 企業の売上債権を安価で買い取り、その企業に代わって代金回収などを行うファクタリング業が、中国で急発展している。北京でこのほど開催された中国銀行業協会ファクタリング専門委員会の年次総会で発表された「中国ファクタリング産業発展報告(2013)」によると、中国本土のファクタリング業の取引額は13年、前年同期比15%増の5219億ドル(約60兆8380億円)に達した。

 同時期の中国の外国貿易と国内総生産(GDP)の伸び率である7.6%や7.7%と比べ、高い伸び率を維持している。取引額のうち、国内業務が78%に当たる4078億ドル、国際業務が22%に当たる1141億ドル。

 ファクタリングとは、債権者から売上債権(売掛金・受取手形)を譲り受ける前提で、売掛金の回収や管理、貸し倒れ保証などを一括して引き受ける総合的な金融サービス。通常は企業の商取引の際に利用される。

 ファクタリング専門委員会の常務委員機関である中国建設銀行の胡哲一・副行長は、総会で「中国の対外貿易における掛け売り業務の拡大に伴い、国際ファクタリングが中国企業の海外進出のサポートになっている」と語った。(中国新聞社)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。