東京株、急落 午後に下げ幅150円超、円相場やや上昇に反応

2014.11.27 13:09

27日、日経平均株価は後場、下げ足を速めた。都内の証券会社の店頭(AP)

27日、日経平均株価は後場、下げ足を速めた。都内の証券会社の店頭(AP)【拡大】

 27日の東京株式市場は午後の取引開始とともに急落している。日経平均株価の前日終値比下げ幅は150円を超えた。材料に乏しいなか、円相場がやや円高に振れたことに反応し、売りが進んでいる。

 日経平均株価の午前終値は、前日比50円安の1万7333円。午前の値幅はわずか43円と動きがなく、1万7300円台前半に終始した。

 終値ベースでは19日以降は上げ幅、下げ幅とも60円以内にとどまる小さな動きが続いていた。

 円相場は朝方から午前いっぱい1ドル=117円台の半ばから後半で動いていたが、正午をすぎてから117円台前半へと上昇している。

 午後0時57分現在の日経平均株価は、171円安の1万7212円。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。