韓国の風船ビラが怖い金第1書記… つえを振り回し「早くぶち落とせ」 (1/3ページ)

2014.11.29 17:06

 北朝鮮側に拉致問題の解決に向けた強い態度を示すには「行かないリスク」よりも「行くリスク」のほうが少ない、と日本政府は国民を説得し、代表団が平壌へ出かけた。

 北朝鮮側はこれに対し「前の調査は焦っていたこともあり、ずさんな調査だった」「今度は拉致に関わった特殊な機関も調査するので、待ってほしい」と、慇懃(いんぎん)な説明をして日本側をけむに巻いた。しかも、前例がないという特別調査委員会の少将の軍服を着た委員長なる者を登場させ、それらしき建物を見せて日本側を安心させたのである。

 ところが、金正恩第1書記の関心は、どうやら他のことにあったらしい。つえを振り回して怒り心頭の形相で「早くぶち落とせ」と命じたのは休戦ライン上の韓国側から「自由北韓運動連合」などの民間団体が北朝鮮側に向けて飛ばす風船ビラであった。

風船が北朝鮮の領空に入るや否や攻撃を開始

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。