優遇廃止、危険な空き家の撤去促す 15年度税制改正大綱に盛り込み (1/2ページ)

2014.12.19 06:43

 政府・与党は18日、危険な空き家の撤去を促すため、2015年度税制改正で税金面の優遇措置をなくす方針を固めた。住宅向けに導入されている固定資産税を軽減する措置について、老朽化で倒壊などの恐れがある空き家は対象から外す。30日に決める15年度与党税制改正大綱に盛り込む。

 自民党税制調査会が18日開いた非公式の幹部会合で見直しを決定した。住宅に対する固定資産税の特例措置は、住宅購入を活性化する目的で設けられ、住宅が立つ土地の固定資産税について200平方メートル以下の場合、税率を6分の1に軽減している。住宅を取り壊して、更地にした場合は特例措置が受けられず、空き家が増え続ける要因になっていた。

 総務省の調査では昨年10月時点の全国の住宅総数に占める空き家の割合は13.5%と過去最多に達している。都市部などでは治安や景観上の問題から空き家に対する不安が強まっており、税制の見直しで、空き家の取り壊しを促進する必要があると判断した。

15年度の改正で具体化する項目と、先送りする項目を大筋で決めた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。